在宅医療

在宅医療が必要になったとき支えてくれるチームがあります。

ひとりで歩くことや起き上がることがたいへんになったとき、
ご家族だけで支えるのはとてもたいへんなことです。
それぞれの地域には在宅医療を支えるスタッフがいます。
医療、介護、福祉の専門スタッフが協力し合い、みんなで困難を乗り越えていくのです。

ケアマネージャー

利用者さんの様子や家族の希望をお聞きしてケアプランをつくり、その方に合ったサービスをご紹介します。

かかりつけ医

患者さんのことをよく知る医師が健康管理、病気の管理をしながら、その方に適した在宅サービスをご紹介します。紹介先への説明やアドバイスも行います。

訪問看護師

利用者の方の自宅を訪問して、健康チェックや床ずれの防止・手あて、お薬の管理、リハビリのサポートなどを行います。

理学療法士(PT)

寝がえりや起きあがり、歩き方や車いすの訓練を通じて、患者さんが生活する上で欠かせない能力の回復をめざします。

作業療法士(OT)

患者さんによりそって手工芸やレクレーションを楽しんだり、調理や食べる練習をする中で、社会生活になじむ能力を養います。

言語聴覚士(ST)

しゃべる、聞く、食べるといった生活に必要な能力を取りもどすために、利用者さんの症状やペースにあった訓練を行います。

介護福祉士

医師や看護師、ヘルパーと協力しあい、ひとりでできるようになりたい、もういちど働きたいと願う利用者さんを、二人三脚でサポートします。

管理栄養士

専門的な知識をもって、かめない・飲みこめない方の献立を考えます。自宅に伺い、栄養を取りやすくする方法や食事バランスについてアドバイスも行います。

薬剤師

薬を飲みやすい形に変えたり、飲み忘れを防ぐために仕分けを行うなど、患者さんの自宅に伺い正しく薬を飲んでいただけるようにアドバイスします。

歯科医師

虫歯や歯周病の治療をはじめ、口腔ケアによる感染症の予防、かむ・飲みこむためのリハビリのお手伝いを通じて、患者さんの健康を守ります。

歯科衛生士

歯みがきや口腔ケアで、口の中の清潔を保ち、おいしく、安全に食事を楽しめるようにサポート。虫歯や歯周病の場合は、歯科医師と連携します。

お近くのベネッセレまでご相談ください

  • 福祉用具レンタル・ストーマ用品カタログのご請求はこちら
  • レンタル品の安全性について
  • 2012年4月改訂介護保険制度の解説
  • ストーマ用装具の支給券申請手順
  • 協和医科器械株式会社
  • メディアスホールディングス
(社)日本福祉用具供給協会会員
静岡県身体障碍者開発普及協会会員
介護保険指定福祉用具貸与事業者
身体障碍者日常生活用具事業者