住宅の改修

住宅の改修によって、自立と自宅での生活を支えていきます。

左の写真は、住宅改修によって手すりを取り付けた施工例です。
心豊かに暮らしていくために、外出はとても大切なこと。玄関まわりに手すりをつけることによって、外出時にかかる負担を和らげることができます。
今までは意識しなかった小さな段差も、症状によっては登ることがたいへんになってきます。
この住宅の場合、玄関のドアまでに2段の階段がありました。家の中では、トイレや浴室に手すりをつけることによって自立した生活をサポートしていきます。座ったり立ったりする動作や、ドアを開けるなどの動作をサポートできる場所につかみやすい手すりがあることが大切です。

 

住宅改修にかかった費用の一部にも、介護保険制度を利用することができます。

  • 要介護度にかかわらず支給限度額は20万円までです。限度額を超えた部分については、自己負担となります。
  • 申請することによって、住宅改修にかかった費用の9割が支給されます。
  • 原則として、現在の住まいにつき1回までが介護保険の適用を受けられます。

以下に上げるのは介護保険が適用される住宅改修です。
進め方や申請の仕方、よりよい改修方法等についてはスタッフまでお気軽にご相談ください。

  1. 転倒防止や移動補助のための手すりの取り付け
  2. 滑り防止、移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更
  3. 洋式便器などへの便器の取り替え
  4. スロープやかさ上げによる段差の解消
  5. 引き戸などへの扉の取り替え
kaisyu1
kaisyu2
kaisyu3kaisyu4

お近くのベネッセレまでご相談ください

  • 福祉用具レンタル・ストーマ用品カタログのご請求はこちら
  • レンタル品の安全性について
  • 2012年4月改訂介護保険制度の解説
  • ストーマ用装具の支給券申請手順
  • 協和医科器械株式会社
  • メディアスホールディングス
(社)日本福祉用具供給協会会員
静岡県身体障碍者開発普及協会会員
介護保険指定福祉用具貸与事業者
身体障碍者日常生活用具事業者